デネブデンタルブログ

歯科医療の未来

2018年2月7日 (水)

ついにインプラントとセレックが統合されました。

これは歯科のデジタル化のお話です。

歯科領域に数年前からデジタル化の波が来ています。

最初のデジタル化はレントゲンでした。

かつて、といってもほんの5〜6年前までは

レントゲンは現像液を使い10分ぐらい掛けて現像していました。

今やそんな医院もほとんど見かけなくなりました。

当医院のデジタルCTレントゲンは、撮った瞬間に画像がモニターにでます。

次のデジタル化がセレック(CAD/CAMシステム)です。

オールセラミックの歯を3Dシステムにて来院1回で提供出来る様に成りました。

そして、今度はこのデジタルレントゲンとセレック(CAD/CAMシステム)が統合

更なる進化を遂げたのです。

これを応用することで、インプラントはさらに安全な診断が可能に成り、

セレックでインプラントの歯までもが作成可能になります。

確実に歯科業界にデジタル化はやって来ています。

とは言え、CAD/CAMシステムを提供出来る歯科医院はまだまだ数パーセントした無い

のも事実です。

今後も、歯科医療の未来は、どんどん技術革新が進んでいくでしょう。

iPS細胞による再生医療、AIも関わってくるでしょうか。

ベーシックな治療技術は大切にしながらも、新たな技術やシステムも取り入れていく。

その柔軟性が歯科医師にも求められるのかもしれません。


カテゴリー: インプラント,セレック,歯科

%d bloggers like this: