インプラント

食事をしっかりと噛める第二の歯

歯を失ったときに行う治療法の一つにインプラントがあります。歯科インプラントは、人工歯根を顎堤に埋め込み、その上に人工の歯を付ける治療法です。直接骨に埋め込み、癒着を促すため、しっかりと噛むことが出来ます。埋め込む手術を行ったら、取り外したりする必要はなく、付けたままです。そのため、ケア次第で第二の歯のような感覚で、長い間抜けた歯の代わりをなします。

適応症例に関しては、一本から治療可能です。骨の厚みや高さに問題がなければ、全ての歯をインプラントにすることもできます。隣の歯に引っ掛けるなどする必要もないため、周囲の歯の負担になりません。

デネブデンタルクリニックのインプラントの特徴

インプラントこそ、どこも同じではありません


  • 口腔外科医による難症例にも対応するインプラント
  • 世界NO.1シェアのノーベルバイオケア社製インプラントを使用
  • 歯科用CT完備
  • 患者さんが納得されるまでしっかりと時間をとって説明
  • 大学病院レベルの消毒滅菌システム
  • インプラント治療は終わってからが大切

feature01

口腔外科医による難症例にも対応するインプラント

インプラント治療は、歯を失った顎の骨にチタン製のスクリューを埋め込んで歯を作る“外科”治療です。
インプラント治療を行う歯科医師は、硬組織や軟組織を扱う歯周外科や口腔外科の基礎的な“外科”手術手技に習熟していること、さらに術前、術中、術後の周術期管理(患者さんの全身状態、局所状態の管理)のスキルも必要です。こうしたスキルは、口腔外科での研修で習熟することができるのです。

当クリニックでは、口腔外科医によるインプラント手術のため、難症例と言われる、骨造成の手術や軟組織の増量、移植なども行うことができます。

インプラント治療は、すべての症例が同じ難易度ではありません。それこそ新人の歯科医師でもできる症例もあれば、熟練の歯科医師が細心の注意をはらって行わなければならない症例もあります。

例えば、「若ければ顎の骨も太いから大丈夫だろう」など、患者さん自身で「自分の症例は簡単だ(もしくは難しい)」と判断できればいいのですが、残念ながら骨の量や密度、神経や血管の場所などはご自身では分かりえないものです。

デネブデンタルクリニックでは、院長が口腔外科出身として20年以上研鑽してきた中でのインプラント手術のため、難症例と言われる、骨造成の手術や軟組織の増量、移植なども行うことができます。

他院で「インプラントができない」と断られたケースでも、一度当クリニックまでセカンドオピニオンとしてご相談ください。

feature02

世界NO.1シェアの
ノーベルバイオケア社製インプラントを使用

いまや海外・国内合わせて150~200社ほどのインプラントメーカーがあり、それぞれに特徴があります。その中でも、デネブデンタルクリニックでは、世界NO.1シェアのノーベルバイオケア社製のインプラントを採用しています。

なぜ世界NO.1シェアがいいのか?というと、それだけ世界的に臨床データが豊富で、「安全」が何よりも優先されるインプラントにおいては、これが非常に重要だと考えています。
また、インプラント体それぞれに番号が付与されており、厳格に品質管理を行っており、万が一、インプラントが脱落した場合でもノーベルバイオケア社としての10年保証を受けることも可能です。

その分、インプラント体もかなり高額です。
低価格なインプラント治療を標ぼうしている歯科医院では、このノーベルバイオケア社のインプラントはほぼ間違いなく採用されておらず、もっと安価なインプラントを使用しています。「インプラントには金額よりも安心・安全」を考えられる方は、インプラントメーカーの違いも判断材料とされることをお薦めいたします。

feature03

歯科用CT完備

かつては、インプラント治療でも、パノラマレントゲンのみで治療を行っており、2次元までの構造しか把握していませんでした。これは、ドクターの経験と勘で治療をしているようなものなので、良いオペができないばかりか、非常に危険な場合もありました。

しかし、歯科用CT撮影を行うことにより、骨の形態を3次元的に把握することができ、さらに骨の中の血管や神経の位置を正確に把握することが出来ます。これにより術前の計画を精密に立てることが可能となり、失敗のリスクが少なくなっただけではなく、患者様の負担も減らすことが出来るようになりました。

歯科用CTは、頭頚部に特化したX線装置で特に口腔、歯科領域の診断に絶大なる威力を発揮する機械であり、おもにインプラント治療の術前検査においてよく撮影されます。
現在ではインプラント治療における術前のCT検査は世界的な常識となりつつあります。

さらにより安全にインプラントのためには、治療前だけでなくインプラント後の状態もCT撮影で確認し、3次元的に計画通りインプラントが行われたか検査することが、近年では重要視されています。

しかし現在、日本の歯科医院において歯科用CTを導入している医院は大学病院や一部の歯科医院に限られており、全国の歯科医院の5~6%程度にとどまっているのが現状です。
歯科用CTを導入していない残り90%以上の歯科医院でインプラントを行う場合は、「別のクリニック等でCT撮影をして、その診断をもとにインプラントを行っている」か、もしくは「CT撮影をせずにインプラントを行っている」のどちらかなのです。

安全にインプラントを行うためには、先述の通り、植立後もCT撮影をすることが重要ですし、CT撮影をせずにインプラントを行うことは本当に危険なことなのだと、認識されたほうがいいかと思います。

feature04

患者さんが納得されるまで
しっかりと時間をとって説明

歯科ではカウンセリングといった言葉が定着しつつありますが、一方的な説明ではなく、患者さんの気持ちもしっかり汲んで説明を行うカウンセリングが必要だと思います。

カウンセラーと称して、スタッフの衛生士さんや歯科助手さんが説明をするところもありますが、デネブデンタルクリニックでは、インプラントや手術を伴う大がかりな治療の場合、院長である私が説明をしています。

何と言っても、最終責任者である院長による説明ですから、適当なことは言いませんし、責任者ゆえに、リスクや知識についてもスタッフよりも知っていますから、いくら忙しくても説明はしっかりと行うことが患者さんへの礼儀だと心がけています。
(そこで、治療とは別枠で説明・相談だけのアポを取っております)

「院長先生に説明の時間まで取ってもらったのに断るなんて申し訳ない・・・」なんて思われなくても全然構いません。「白鳥先生の話を聞いて、やっぱりインプラントやめよう!」でも構いませんし、「やっぱり他の先生のところでインプラントを受けよう!」でも構いません。

インプラント治療を決心されることは大変なものだと思います。だからこそ、納得して治療を受けて頂くための十分な説明は、歯科医師としての礼儀だと私は思います。

feature05

大学病院レベルの消毒滅菌システム

インプラントは手術を伴う以上、通常の歯科治療以上に消毒や滅菌に気をつけなければなりません。デネブデンタルクリニックでは、屈指の安心・安全体制を整えていることは自信をもってお伝えできるかと思います。


大学病院・総合病院レベルの超音波洗浄器

「オロシドマルチセプトプラス」といった専用薬液を用いた超音波洗浄をすることで、細菌の活動を100%停止させます。(超音波洗浄器はドイツ製の最高水準の機器です)

当院の消毒・滅菌の最新システム


歯を削るタービンまで滅菌している医院は非常に少ないのですが、当院ではドイツ製のDACという機械でタービン内部を隅々まで滅菌します。

feature06

インプラント治療は終わってからが大切

インプラント治療が終わり、第二の歯を手に入れたら、今度はケアが始まります。インプラントは人工物ですので、むし歯にはなりませんが、歯周病と似た症状にはなります。これをインプラント周囲炎と言います。

インプラント周囲炎は、インプラントと歯肉の隙間に溜まった歯垢に歯周病原細菌が増えることで起こります。歯肉に炎症が起き、インプラントを支えている骨を吸収していきます。

インプラントの周りは天然歯のように、生理的な相互作用がなく、細菌に抵抗する力がありません。そのため、炎症が起きないように、ケアを行っていくことが大事です。インプラント治療は終わってからが大切です。当院ではインプラント治療を終えてからも責任をもってサポートさせて頂いています。

インプラントの価格と保証

金額の画像が入ります

また、当院でインプラント治療をされた方には、末永く安心してお使いいただくために、10年間の当院オリジナル保証を付けております。

最後に

多くの歯科医院がインプラント治療を標榜されているため、患者様目線としては「どこの歯科医院でのインプラント治療がいいのかわからない」のが現実だと思います。

私が何より皆様にお伝えしたいことは、「安心・安全」こそがインプラントにとって何より大切であるということ。「いつまでも、末永く、デネブデンタルクリニックでインプラントをしてよかった。」

そう思っていただけるように、安心・安全なインプラントの努力を私たちも惜しみません。インプラントをお考えの方は、どうぞ当院のインプラント相談(セカンドオピニオン)でインプラントについての疑問や不安を解消していただければ嬉しく思います。

セカンドオピニオンはこちら 無料相談はこちら
Flow

インプラント治療の流れ

検査

インプラント治療に必要な検査を行い、お口の状態を確認します。適応が可能な骨の量があれば治療計画を立てます。

埋入手術

歯根に当たる部分の埋入を行います。局所麻酔を施し、顎骨にインプラントを植立します。

治癒期間

骨とインプラントがしっかり結合されるまで3~6ヶ月程度待ちます。この間、仮歯を入れることもあります。

アバットメントの装着

義歯の支台となるアバットメントをインプラントに付けます。簡単な手術を伴う場合もあります。

義歯装着

歯の型取りをし、義歯を作製します。完成したら、アバットメントの上に装着します。

メインテナンス

インプラントを長持ちさせるためには、適切なホームケアと定期的な検診が不可欠です。