歯周病治療

歯のお掃除をしているだけでは、歯周病治療の根本解決にはなりません。口腔外科出身で咬み合わせ認定医の院長が、しつこい歯周病も解決します。

歯周病と聞いて、高齢者の方の病気だから自分は大丈夫だと思っていらっしゃる方はいませんか?歯周病は、多くの人がかかる病気で、早い方は20代頃から発症します。

そして、気付かれないうちに年月をかけてゆっくりと進行し、50代、60代で自覚症状が現れることがあります。そのため、若い人も今からケアを行っておくことをお勧めします。

歯周病は気付かないうちに進行します

歯周病は病原菌が歯肉から入り込み、炎症を起こし、歯を支える歯周組織を溶かしていく病気です。進行するとひどい口臭が発生し、歯がぐらつきます。最悪の場合、それ以上の進行を食い止めるために抜歯を行うことがあります。


Flow

歯肉炎

歯間の歯肉が丸みを帯び、張りがなくぶよぶよしているとそこに歯垢が溜まりやすくなっています。歯磨きのときに出血することもあります。

軽度歯周炎

噛んだときに軽い痛みがあり、歯磨きの際に痛むこともあります。歯肉溝に歯石が溜まり、歯周ポケットを形成しているため、歯石除去を行います。

中等度歯周炎

炎症が歯を支える歯槽骨にまで及び、歯肉が腫れます。硬いものが噛みにくくなり、痛みを感じたり、口臭がすることもあります。歯石の除去や歯周組織の再生療法を行います。

重度歯周炎

炎症によって歯槽骨が吸収されていきます。歯肉は腫れ、膿が出、痛みを感じます。隣の歯に影響を及ぼさないよう、抜歯を行うこともあります。

進行した歯周病には外科手術

歯周病の治療はプラークコントロールが基本です。歯垢が歯周原細菌の温床になるため、これを除去し、溜めないようにします。また、スケーリングを行い、歯石を除去します。歯石は歯垢が溜まる土台となるため、器具でそぎ落とすことが病気の改善に有効です。

進行した歯周病を改善するにはブラッシングだけでは限界があります。深くなった歯周ポケットには、歯石や歯垢が付着しているため、これを手術によって除去します。

外科手術には、口腔外科出身の院長が担当します。また、歯の動揺がある場合、咬み合わせをもう一度見直すことも必要になってきます。