入れ歯

入れ歯が合わなくて、お困りではないですか?

脱落した歯を補う、人口の歯と歯茎からなる装置が入れ歯です。顎堤の上に置いたり、隣の歯に引っ掛けたりするだけで装着するため、不安定なイメージが強いかも知れません。

入れ歯が不安な時は諦めずに、調整をしてもらいましょう。なぜなら、合わない入れ歯をすると、顎の骨が痩せ、噛む力が減少する可能性があるためです。


適切な入れ歯を装着すれば、痛くて噛めないことは解消されるでしょう。しっかり調整された入れ歯で食事を楽しみましょう。

お手入れは専用ブラシと洗剤で

入れ歯を清潔に保つためには、1日に1度の洗浄が必要です。お口は細菌がたくさん存在する場所です。不衛生な状態が続くと、細菌が繁殖して臭いの原因になります。最悪の場合は呼吸器疾患の原因にもなるのです。

入れ歯を歯磨き粉を付けて磨くことはやめましょう。歯をブラッシングすることと同じ感覚で掃除したくなることでしょう。しかし、この方法では研磨剤が入れ歯の表面を傷付けてしまい、細菌やカビの温床となります。入れ歯は専用ブラシと洗剤でお手入れを行ってください。

良い入れ歯の条件

良い入れ歯とは、「痛くない」「外れない」「よく噛める」ことが条件です。

そして、そのためには「咬み合わせをしっかりと考えて精密な印象を行うこと」。それが良い入れ歯の条件を満たす大前提です。良い入れ歯は、作製段階においても調整が少なく完成できます。

入れ歯の種類

インプラントはほぼ全て自由診療の範囲に入りますが、入れ歯には保険診療で受けられる治療があります。その他にも、素材がより高品質な入れ歯が自由診療であります。保険診療以上の品質の入れ歯をお求めの場合は検討してみてはいかがでしょうか。


Resin

レジン床義歯

保険適用の総入れ歯です。床部分がレジン(歯科用プラスチック)でできています。安価で短期間で製作できます。入れ歯治療を行っている歯科医院では、ほぼ必ず取り扱っているため、どこの医院であっても修理が比較的しやすくなっています。金属床義歯よりも厚みがあり、人によっては装着時に違和感を覚える人もいます。

Non-clasp denture

ノンクラスプデンチャー

弾力性の高い素材により、薄い仕上がりで装着感に優れます。金属のバネを使用しないので、金属アレルギーの心配もなく、見た目も義歯と分かりにくいです。バネの見えたくない方には特にオススメです。

Titanium

マグネット

歯の根に磁石を埋めて固定するため、安定性に優れた義歯です。大きな入れ歯でガタガタ動くのがイヤな人に向いています。なお、装着するには、最低2個のマグネットが必要です。

Implant overdenture

インプラントオーバーデンチャー

人工の歯根を顎骨に埋め込み、その上に入れ歯を固定することで入れ歯の安定を飛躍的に向上させることができます。また、入れ歯が安定することであごの骨も減りにくくなります。なお、装着するには、最低2本のインプラントが必要です。